外来について

インフルエンザ生ワクチン『FluMist(フルミスト)』のご案内(予約制)

インフルエンザ生ワクチン『FluMist(フルミスト)』のご案内(予約制)

2017年の接種は終了いたしました。

予約開始 2017年9月1日
※定員に達し次第、締め切ります
費用 8,000円(税別)
当院での接種対象 2歳以上、中学3年生まで
摂取回数 1回接種

フルミストとは

商品名:FluMist Quadrivalent
製造元:MedImmune – AstraZeneca(アメリカ)
参考サイト:https://www.flumistquadrivalent.com/(英語)

フルミストは、鼻腔に噴霧するタイプのインフルエンザ生ワクチンです。4種の弱毒化させたインフルエンザウイルスを鼻腔内に投与することで、インフルエンザ疑似感染状態をつくり免疫を得ます。不活化ワクチンで得られる血液の抗体に加え、ウイルスの侵入口である鼻腔局所の免疫も得られるため、発病予防効果がより高くなるとされています。
2003年にアメリカで承認後、2011年以降はヨーロッパでも承認され、普及しています。日本では未承認のワクチンですが、特に小児に対しては不活化ワクチンより予防効果が高いことから、希望者に対して輸入ワクチンの接種をおこないます。

接種が禁じられている方

  • インフルエンザワクチンの成分(鶏卵・ゲンタマイシン・ゼラチン・アルギニン)に対して重度のアレルギーのある方
  • 2~17歳のお子様のうち、現在アスピリンおよびアスピリンを含む投薬治療をされている方

接種を推奨しない方

  • 2~8歳のお子様のうち、インフルエンザ罹患歴およびインフルエンザワクチン接種歴が無い方
  • 2歳未満および50歳以上の方(呼吸障害を引き起こすリスクが高まります)
  • 5歳未満で喘息の既往がある方および1年以内に喘息発作を起こした方
  • 慢性疾患のある方(心疾患、肺疾患、腎疾患および糖尿病など代謝性疾患、嚥下障害や呼吸障害を伴う神経系疾患、免疫不全の方)
  • 免疫不全の方およびそのお世話をする方
  • 妊娠または妊娠の可能性がある方および授乳中の方

※注意:接種時にお子様が激しく泣いてしまうと、ワクチンがうまく鼻腔に入らず効果が弱まってしまうため、接種できない場合があります。

フルミストの副反応

鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱、頭痛、倦怠感などの風邪症状が主に報告されています。その他のアレルギー反応など、通常のインフルエンザワクチンと同様の副反応が起こる可能性があります。

特記事項

  • フルミストは日本では未承認のワクチンです。輸入ワクチン製剤を利用して副反応が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が利用できません。
  • 世田谷区のこどもインフルエンザ予防接種助成制度の対象にはなりません。

電話番号へ